トータルパッケージングサービス 食品安全性への取り組み

大伸グループは、食品の小分包装を受託加工する企業として「安全、安心、良質」の追求こそが最重要課題だと考え、全従業員参加による食品安全の確保と維持に努めています。

もちろん、原材料・包装資材の調達から製造・流通・消費にいたるまで、全ての工程を考慮しなければ本当の安全・安心にはつながりません。商品を取り扱う全ての段階で継続的な品質の維持・向上・改善に努めて参ります。大伸グループは、将来にわたってお客様の期待に応え、安心してお付き合いいただける企業を目指し、事業活動を通じて社会に貢献します。


有機JAS認定工場

JAS法で認定された有機加工食品(農産加工)、「有機農産物」の小分け業(出荷)を行うことができる工場として、当社は有機JAS認証を取得しております。

「有機加工」に対応した葉類異物除去ラインとなっており、有機食品の加工および袋詰めを適切に実施しておりますので、安心してご依頼いただけます。

【有機JAS認証とは】
有機JAS認定マークは、農林水産大臣により定められた品質基準や表示基準に合格した農林物資の製品につけられる認定マークです。認定基準はJAS法で厳密に定義されており、農林水産大臣に登録された登録認定機関により、書類審査と実地検査に基づき認定審査が行われます。認定後も継続的な調査があり、生産管理や生産管理記録の作成が適切に行うことができる工場のみが有機JAS認証を受けることができます。



FSSC22000 認定工場

当社では、工場における高水準での食品安全性をより高め、商品を取り扱う全ての段階で継続的な品質の維持・向上・改善に努めております。いちはやくFSSC22000認定取得を行い、国際的に認められる高水準の食品加工を徹底しています。

FSSC 22000とは
FSSC 22000は、食品安全マネジメントシステムの国際規格であるISO 22000と、それを発展させたISO/TS 22002-1(またはISO/TS 22002-4)を統合した、国際食品安全イニシアチブ(GFSI)が制定したベンチマーク承認規格です。この認証を取得することにより、食品安全に関する工酢重の要求に応えることができることを国際的に認証されます。


当社では下記の「食品安全方針」を明確に定め、FSSC22000が定める北品の安全な提供に関するリスク低減および、お客様からの信頼獲得に努めています。

  1. 食品関係法令、お客様が求める安心・安全な食品を提供するための要求事項を遵守します。
  2. 食品安全に影響を与える活動や製品の食品安全に関する適切な情報を外部コミュニケーション活動により伝達し、フードチェーン全体に周知します。
  3. 食品安全を確保するため、食品安全マネジメントシステムの構築、実施及び更新に関する必要な情報を社内コミュニケーション活動により伝達し社内全体に周知します。
  4. この方針に基づいて食品安全目標を各構成員が作成し、6ヶ月ごとにレビューを実施します。

食品安全方針は、毎年年度末の品質会議にて見直しを図ります。


5S活動への取り組み方

1) 5Sとは、当たり前のことを当たり前に実行すること。

「挨拶をきちんとする」「使用したものは元の位置に戻す」「時間を守る」「約束を確実に果たす」。これらは誰もが当たり前のことだと考える行動であり、5S活動の代表例でもあります。しかし、この行動を当たり前のように実行し続けるのは簡単ではありません。大伸グループでは、難しいことに挑戦していると自覚した上で日々の活動に取り組んでいきます。

2) 5Sが職場のモラールを表す。

5S活動の浸透度合いは、職場のモラールに比例します。ここで言うモラールとは、職場への帰属意識という意味。高い帰属意識を持つ社員が集まれば5Sの状態も好転し、5Sが徹底されていれば社員の意欲も高まります。互いに影響を与え合う5S活動と、社員の職場・仕事への満足感、双方を高めることで、より高いレベルの事業活動を行っていきます。

3) 5Sが職場の管理レベルを表す。

職場の管理を効率的に行うには、情報が整理・整頓されていなければなりません。必要な情報がすぐに取り出せる、分かりやすい状態で記録されている、といった状態を維持することが大切です。つまり、情報の管理に対しても5S活動は重要。衛生管理としての5S活動はもちろん、効率的な職場管理を行うためにも、あらゆる場面で5S活動を徹底していきます。

4) 5Sを習慣化し、定着させる。

5Sは習慣化され、定着してこそ本物です。短期的な活動では、5Sを実施しているとは言えません。習慣化された状態とは、どんな面倒なことでも、実施しなければ「落ち着かない」「なんとなく不自然だと感じる」というレベルになった状態。大伸グループでは、5S活動を習慣化させることで、定着させています。

5) 5Sは全員参加と率先垂範が基本。

高いレベルで5Sを定着させるためには、全社運動としての盛り上がりが必要です。そのためには、「全員参加」と「率先垂範」が重要。管理・監督者や5Sリーダーが模範となる行動を自ら進んで実行するからこそ、他社員の参加を促すことができるのです。管理・監督者が「率先垂範」を日常的に体現することで、大伸グループは5S活動を推進しています。


設備・工場 食品安全性への取り組み
無料相談受付中

大伸シプレの3つの強み
包装資材サービス
トータルパッケージングサービス
小売事業